TOP > 観葉植物のメリット。

観葉植物のメリット。

部屋に飾っておけば癒される観葉植物ですが、育てて部屋に置いておくだけでさまざまなメリットが得ることができます。

観葉植物は天然の空気清浄機のような働きをしており、光合成で酸素を増やしてくれるため部屋の居心地を良くしてくれるのに役立ちます。
植物には健康に有効とされる成分フィトンチッドを放出して脳内のα波を増やしてリラックス効果を与えて自律神経を整えたりする効果があったり、防虫効果や殺菌効果なども期待することができます。



観葉植物の緑は目に優しいため疲れ目にも効果的で、植物にある適度な保温加湿作用によって冷房による室温低下や空気の乾燥から身体を守ってくれ、根から水を吸い葉から蒸発させる作用によって部屋の湿度も適度に保つことができるようになり、乾きがちなドライアイなどを軽減する効果などもあります。



また、インテリアとしても良く、隠したい場所に大きめの植物を配置すれば違和感のない目隠しとなります。でも、手入れなどが大変そうと躊躇する人もいるでしょうが、そんな場合は乾燥や暑さ、強い日差しにも比較的強く初心者にも育てやすい「サルスベリ」、病気に強く頑丈で病虫害も少なく室内で良く育つ「パキラ」、湿気にも乾燥にも強く日当りがさほど良くなくても育ち、寒さにも比較的強い「アイビー」などを育ててみるのがおすすめです。



また、最近では土に植えなくても空気中の水分を吸収して成長するエアプランツなども流行しており、簡単に育てることができると人気になっています。